ピアノの防音工事は内容を把握することが大切

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピアノなどの楽器を演奏するため、防音工事を検討している方もいるでしょう。しかし、防音工事と一口に言っても何をすればいいのか分からなくて困ってしまうことがあります。そのため、防音工事の内容について詳しく把握しておくことが大切です。内容を把握しておけば、工事の依頼の仕方や、自分に合った内容が選べるようになります。
まず、防音工事は何をするために行うのかを明確にしましょう。演奏する楽器や、演奏したい時間帯などがポイントになります。ピアノの場合はプロのように24時間いつでも弾けるような環境にしたいのか、教室のように昼間限定で弾くのかによって工事内容が変わってきます。昼間だけの場合は、24時間演奏した時と比べて防音能力が少なくても問題ないため、料金面で費用を抑えることが可能となります。

防音工事の業者選びとは

防音工事を行う場合、音を漏らさないことが重要と考えがちで、そのことしか考えずに工事をしてしまう人がいます。しかし、防音は音を防ぐだけでなく快適にピアノを弾ける環境にしなくては意味がありません。工事を行う時は快適にピアノが弾けるかについても考えてみましょう。
ピアノの音が響き過ぎて聞こえにくくなっていないか、音の質が自分の納得できるものかなどを参考に検討することがおすすめです。ピアノで最高の音を出せるような環境を考えてくれるような業者に依頼すると安心です。実績やこれまでに行った工事内容などを事前に確認すると、よりイメージしやすくなることでしょう。部屋のイメージや希望などをしっかり聞いてくれる業者にするのがおすすめです。

防音工事で注意が必要なこととは

ピアノの防音工事の場合、金管楽器のように音量が大きくないため、厳重な防音工事は必要ないことが多いです。しかし最低限の防音対策は必要で、音が振動として伝わってしまう床や壁などは工事をすることが求められます。そしてエアコンや換気扇などがある場合は配管から音が漏れてしまうことがあるため、特殊な工事を行う必要があります。
窓やドアも同様で、素材が薄いと振動を伝えやすくなるので、厚くすることで音を防ぐことができるような工事を行います。市販品で防音効果があるものも存在しますが、それでは防音はできても音の反響などが計算できません。そのため自分で行わずプロに任せた方がより快適な部屋を作ることができます。自分の部屋で工事ができるか不安な時は一度確認してみることをおすすめします。

ピックアップ記事

マンションでもピアノの防音工事ができるのか

賃貸でもピアノを気兼ねなく、自分の弾きたいタイミングで自由に演奏したいと思うことがあるでしょう。持家の場合は音漏れが気になれば防音工事を自由に行うことができますが、賃貸物件の場合は難しいこともあります...

メンテナンスはピアノ防音工事後に必要?

防音工事をしたから大丈夫と思ってしまいがちですが、工事をすれば終わりではありません。きちんとアフターメンテナンスをすることが必要です。防音室を使用する目的がピアノ演奏などの場合、音を防げばいいわけでは...

ピアノの防音工事を行う前に

ピアノの音で周囲に迷惑をかけたくない、周りが気になり思うように練習できないと困っている方もは、防音工事について検討をするのがおすすめです。防音工事が気になるけれどどのような雰囲気になるのか分からないと...

ピアノの防音工事は内容を把握することが大切

ピアノなどの楽器を演奏するため、防音工事を検討している方もいるでしょう。しかし、防音工事と一口に言っても何をすればいいのか分からなくて困ってしまうことがあります。そのため、防音工事の内容について詳しく...